本文へスキップ

Japan Collie Club

コリークラブの事業内容profile

犬籍登録

コリー犬種の改良を図るには、まず正確な血統の把握が必要です。
日本コリークラブは国内唯一のコリー犬種(ラフコリー、スムースコリー、ボーダーコリー、シェットランドシープドック)単独の血統登録機関で、登録した犬籍簿は保管され、これに基づき血統証が発行されます。なお、当クラブの発行する血統証には全て、公認登録標章がついております。
また、国内外の他団体とも連携しており、以下のような指定団体の登録犬も当クラブの血統証を作成可能です。
 ●AKC(アメリカンケネルクラブ)
 ●KC(ザ・ケネルクラブ(イギリス))
 ●JKC(ジャパンケネルクラブ)      など複数
 
コリー、ボーダーコリー血統証
 
シェルティ血統証

     
      

展覧会(ドッグショー)

展覧会とは、簡単に言うと犬の「品評会」です。その展覧会に参加した犬の中で、犬種ごとに定められた理想形である「スタンダード(標準)」に最も近い犬はどの犬か、審査員が審査を行います。
当クラブでは年間を通し、およそ100回、コリー犬種単独の展覧会を開催しています。優秀犬にはチャンピオン規程により、J.C.C.チャンピオンおよびJ.C.C.グランドチャンピオンの称号が与えられます。
 
審査風景
 
入賞犬のWinning Run!

     
 

家庭犬訓練審査会・競技会

コリークラブでは通称「トライアル」と呼ばれている、服従訓練試験(オビディエンス・トライアル)部門です。
「訓練審査会」は指導手(ハンドラー)と犬が指定の科目をこなしていく公開試験で、全部で4つのクラスがあります。各クラスとも所定の回数を合格すると、審査会兼競技会規程によりタイトルが授与されます。また、その点数の結果で席次を付け、日頃の訓練を競う「訓練競技会」も開催されています。
日々の訓練の積み重ねにより、愛犬との絆がより深くなるのがトライアルの魅力の1つです。

     
      

研究会例会

コリークラブ本部および全国各地の支部では、バーベキューなどを行いながら会員相互の交流をはかる「マッチショー」や、しつけなどの勉強会、家庭犬訓練の講習会、福祉活動など、様々な活動を行っています。

みんなで楽しいバーベキュー 
 
同じ犬種同士、ワンちゃんも楽しそう!
 
     
      

会報誌発行

会員の皆様には2ヶ月に1回、「コリーファンシー」という会報誌をお届け致します。コリー犬種の飼育方法、繁殖方法、遺伝病、犬の見方などの記事や、美しいコリー、シェルティの写真を掲載しております。
また、毎号のニュース、展覧会、競技会、その他行事・会合などの開催通知などを皆様にご連絡致します。